Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬剤師の講義

1月242月と2ケ月続けて 薬403に関する研修を行いました。
講師は さわやかサポート上池台職員で薬剤師でもある
主任介護支援専門員が務めました。

 0901-3.jpg IMGP7752.jpg 
 1月は、内服薬の基礎知識として

38薬のかたち403
  22飲み薬には様々な形状があり、形状にはそれぞれ意味が
         ある事。

 例えば・・・
    19舌下錠は、とても溶けやすく作られていて、口の粘膜
     からすぐに吸収され、血管に入り効果を発揮し始めるもの。
            飲み込んでしまうと腸から吸収される事になってしまい
            即効性がなくなる。しかし、飲み込んだ場合、長時間効果
     が持続される事から発作予防のために飲むように指示される
            事もある。
             
 
39服用時間246
  21服用時間の指定には意味がある事。

 例えば・・・
   201日一回 朝 服用薬は、朝起きてすぐに飲みます。利尿剤
            など、夜まで効果が残ってしまうと困る薬や、ホルモン剤など
     の自然な生理を助ける薬が朝の服用となる事。


38飲み方273
  22コップ一杯の水、またはコップ一杯が一度に飲める程度の
         ぬるま湯で飲む事。

 例えば・・・
   19あまり熱いお湯で飲むと、たんぱく質で出来ている薬は
    分解し、効果がなくなる事。

39食べ物と薬403

38副作用と飲み合わせ403

39疾患と薬403

を学びました。

IMGP7756.jpg IMGP7754.jpg 
2月

38高齢者と薬403
        1)飲み薬が服用されてから体外へ排泄されるまで
        2)飲み薬の吸収に及ぼす年齢の影響

39薬の相互作用403
   1)消化管から吸収されるまで
   2)分布段階で起こる相互作用
   3)代謝段階で起こる相互作用
   4)排泄段階で起こる相互作用

38高齢者の薬物有害作用403
   20高齢者の薬物有害作用に関する因子

39高齢者薬物有害作用の原因薬物と対処法403

   310    403    310    403    310   

参加者からは、専門性が高いながらも分かりやすい講義
であった等、感想が寄せられました。
また高齢者にありがちである 薬を重複して服用してしまった
場合はどう対処すれば良いのか。などといった質問も出され
有意義な研修となりました。

スポンサーサイト

Appendix

訪問ありがとうございます。

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

ヘルパーさん

Author:ヘルパーさん
東京都大田区でヘルパー派遣を行っている好日苑ヘルパーステーション上池台が運営するブログです。

好日苑ヘルパーステーション上池台では住み慣れたご自宅で、安心した生活が続けられるように支援いたします。

サービス提供地域は西行政地域を中心に大田区全域としております。
派遣依頼などお気軽にご相談下さい。
TEL 03-3748-6055

また、併設介護保険事業として
・特別養護老人ホーム好日苑
 従来型80床
 ユニット型50床
・ショートステイ
 従来型17床
 ユニット型10床を運営しています。
・上池台高齢者在宅サービスセンター
・好日苑ケアプランセンター上池台

受託事業として
・大田区地域包括支援センター上池台
・大田区地域包括支援センターおんたけ山
を経営しております。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。